インプラント - IMPLANT -

当院では、より安全で無理のないインプラント施術をおこなうため、CTを用いた顎骨の三次元診断をおこなっています。

インプラント治療をより安全、適切に行うためには、あごの骨の状態を詳しく調べることが重要です。
当院ではCT検査を行い骨の断面画像を撮影し、その画像を見ながら治療の計画を立てます。
CT検査によるインプラント治療は、より安全で、無理のない治療を実現した最新の治療法です。

同時にCT撮影機はより歯科臨床に特化したものへと進化しています。
当院に導入した「New Tom」は、歪みがなく、被曝線量が少ないコンビームCT(頭頸部CT)で、精密な三次元診断が可能です。
確実な診断を行うことで、その後の施術にも大きな違いが出ます。

当院での施術はもちろん、CT設備を導入していない医院でも同じように確実な施術ができるよう、CT撮影のみのご依頼にもお応えしております。

CTとレントゲンの違い

歯科医院でX線撮影をした経験があると思います。
X線画像は、歯の様子を見たり虫歯の治療をするのには役に立ちますが、インプラント治療においては、あごの骨の厚さや形を調べることが何よりも重要です。
CTで撮影した画像からは、あごの骨の形や硬さがわかるだけでなく、鼻の病気や神経の位置なども調べることができるのです。


専用ソフトを利用してCTデータから三次元の立体画像を再構築し、実際の神経の位置などを正確に把握する事が可能です。
近年、歯科治療の技術の進歩とともにインプラント治療においても目を見張る発展を遂げています。
世界的にも、より確実で安全性の高い施術を行うために顎骨の3次元診断は必要不可欠なものとなりつつあります。
しかし、日本ではまだまだCTを撮影せずに従来の二次元的なレントゲン写真のみでインプラント治療を行ったり、CT診断を行う場合でも総合病院などにCT撮影を依頼し、フィルムによって撮影結果を受け取る場合が多いのです。
 
このように的確な三次元診断を行わずにインプラント治療を行うとまだまだ術者の勘に頼ってしまう部分が多くなってしまい、科学としてのインプラント治療としては不十分となります。
インプラント埋入手術は科学であり、職人芸ではありません。
科学というものは人的エラーをできる限り少なくし、全ての治療がEvidence(根拠)に基づかなければなりません。
 
どうしてこの太さ・長さのインプラントを選択したかということの根拠が患者様や第3者の方に説明できることが大切なのです。


>>歯科用CTを用いることでより先進的で高品質の治療が可能になりました。

インプラント治療のメリット

1 自分の歯と同じように噛む事ができますので、違和感がありません。
2 健康な歯を削ったりするような処置が必要ありません。
3 見た目を自然で、人前で口元を気にせず食事やおしゃべりを楽しむことが可能です。

こんな場合にインプラントをおすすめします

○ 歯の奥が抜けたため、ブリッジができない。
○ ブリッジにするため、健康な歯を削りたくない。
○ 抜けている歯の数が多く、ブリッジでは支えきれない。
○ 入れ歯に抵抗がある
○ 事故などの外傷で歯を喪失した。



インプラント治療に際しては、口腔衛生の高い意欲が必要となります。
お口の中を清潔に保つことが難しい場合は、治癒を断念することもあります。
他医院にて埋入されてお困りの方でもお受けいたしますのでご相談ください。

状況によってはインプラント治療ができない場合もあります。ご希望の方はまず歯科医にご相談ください。
当院では、治療精度UPのために歯科用CTを設置しています。



ページトップへ

ページトップへ

受付時間
午前9:30~13:00
午後15:00~20:00 × ×

神戸市東灘区深江南町2丁目12-8-104
TEL : 078-453-0828

受付時間
午前9:30~13:00
午後15:00~20:00 × ×