Q&A- Q&A -

Q
虫歯予防予防歯科

虫歯予防の薬ってありますか?

A
虫歯になりやすい場所は溝や境目です。そのうち奥歯の溝にできる虫歯を予防する方法のひとつに「シーラント」があります。シーラントは、歯の溝をよく掃除したあと、プラスティックの一種を流し込み、その部分をコーティングすることで、歯垢の付着を妨げることを目的としています。 ただ、既に虫歯がある方は状況にもよりますので、一度医師と相談することをお薦めします。
Q
虫歯予防予防歯科

虫歯予防に効くガムはありますでしょうか?

A
市販のいろいろあるガムは予防の効果はありますよ。
Q
一般歯科

フッ素はどのような効果がありますか?

A
フッ素は歯のエナメル質表面に作用して、ムシ歯菌の作る酸に溶けにくい歯を作ります。 特に生え始めの歯には効果があり、継続してフッ素を塗ることが強い歯を作る要因になると思われます。
Q
虫歯予防予防歯科

キシリトールってむし歯予防になりますか?

A
キシリトールは、むし歯予防になります。むし歯菌(ミュータンス菌)は、糖を代謝して歯を溶かす酸を作りだします。キシリトールは果糖とよく似た分子構造なのでミュータンス菌は、喜んで代謝しようとしますが、キシリトールから絶対に酸は作れません。そして適正な摂取量によりミュータンス菌は、エネルギーだけ使い果たし元気がなくなっていきます。それだけではなく、プラーク(歯垢)の量が減ったり、プラークをはがれやすくする効果もあります。
Q
インプラント入れ歯

インプラントと入れ歯の違いは?

A
入れ歯は歯のないところを補う取り外しができる器具です。 インプラントは、歯の抜けた部分に人工歯根を植え、そこに人工歯を装着する治療法です。 機能性と審美性が優れており、自分の歯のように自然な状態を取り戻せます。入れ歯よりも強く噛めるだけではなく、インプラントがあごの骨に力を加えるので、骨が痩せて顔が老化するのを防ぎます。
Q
一般歯科虫歯予防小児歯科

虫歯はどうしてできるのですか?

A
口の中のムシ歯を作るミュータンス菌が、口に入ってきた砂糖を分解し、ネバネバの歯垢を作ります。 その歯垢が歯にくっつき、歯垢(バイオフィルム)の中でミュータンス菌は分裂して糖から酸を作り、その酸が歯を溶かしてムシ歯を作ります。
Q
虫歯予防予防歯科小児歯科

虫歯の進行を止める薬ってありますか?

A
フッ化ジアンミン銀(薬品名;サホライド)という薬が有効です。 この中のフッ素が歯の質を強化し、また虫歯で軟らかくなってしまった部分に銀が沈着して固くすることにより、虫歯の進行を抑えます。 治療の前には医師と相談し、適切な治療を行ってください。
Q
虫歯予防予防歯科小児歯科

虫歯予防に甘いおやつは食べない方がいいですか?

A
食べ方を工夫すれば、甘いおやつを絶対食べてはいけないということはありません。 食べたければ、1日1回食事の後すぐのデザートにしたり、ダラダラ食べず、甘甘くない飲み物(お茶・牛乳・水)などとを組み合わせればよいでしょう。 しかし、3才までは甘い物を遠ざけるのが、歯質・味覚の発達の面でも良いと思います。
Q
ホワイトニング審美歯科

市販のホワイトニングは効果がありますか?

A
ホワイトニングは歯科医院で適切な指導のもと行うことがよいでしょう。 歯をより白くしたいがために、必要以上に多く使用回数と量を増やしたため、歯がボロボロになってしまった事例もありますので、十分にご注意ください。
Q
インプラント

インプラント治療は誰でも受けれますか?

A
重度の糖尿病、循環系の疾患などがなければ受けられますが、インプラントを植え込む部分の骨が極端に減ってしまった方は受けられない場合がありますので、CTスキャンによる検査が必要な場合もあります。 当院ではCTスキャンよりしっかりとチェックをしておりますので、気になる方は是非ご相談ください。
Q
一般歯科

キシリトールは虫歯予防になるのでしょうか。

A
キシリトールはムシ歯予防に効果的です。 ムシ歯の原因であるミュータンス菌は、糖を代謝して歯を溶かす酸を作りだします。キシリトールは果糖とよく似た分子構造なのでミュータンス菌は、喜んで代謝しようとしますが、キシリトールから絶対に酸は作れません。 ミュータンス菌は産を作ろうとエネルギーだけ使い果たしていきます。それだけではなく、歯垢の量を減らしたり、歯垢をはがれやすくする効果もあります。
Q
一般歯科

歯磨き粉はどのようなものがよいでしょうか?

A
お子様の仕上げ磨きをお母様がする場合には、歯磨き剤を使用しないで、コップの水と歯ブラシだけで磨いてください。虫歯の原因である歯垢を取り除くのには、歯磨き剤はほとんど関係ありません。ただし、お子さんが自分自身で磨く場合に歯磨き剤を使いたがるならば、フッ素入りの歯磨き剤を与えてください。また歯磨き剤には、子どもの好むおいしそうな味や香りのついているものもありますが、この甘い味は砂糖ではないので虫歯の原因になることはありません。
Q
虫歯予防予防歯科小児歯科

赤ちゃんへ口移しをすると、虫歯がうつりますか?赤ちゃんへ口移しをすると、虫歯がうつりますか?

A
虫歯は、ほぼムシ歯菌による感染症と言われておりますが、一概にムシ歯菌のみが原因ではなく、歯や唾液などの宿主の原因や食べ物、時間などが関係しております。 ですが、ムシ歯菌の感染症である以上、ムシ歯菌の多いお口のご両親、祖父母から乳歯萠出後の赤ちゃんへの口移しは出来るだけ避けた方がよいでしょう。
Q
予防歯科

シーラントは、虫歯予防になりますか?

A
「シーラント」は奥歯のかみ合う面(咬合面)にできる虫歯の予防の方法です。シーラントは、生えかけの奥歯の永久歯の虫歯予防にとても効果的ですが、それらの有効性はそれぞれの歯の噛む面と側面のとても狭く深い溝にどれだけ満たせるかによります。それらは歯の表面全体に塗れないので、虫歯にならないという保証はありませんが、シーラントは、奥歯の最も虫歯になりやすい部分を確かに減らします。
Q
矯正歯科

矯正って専門のところとそうでないところは何か?差があるのですか?

A
う~ん、そうですね。特にないですが、その先生が矯正したいと思えば看板は揚げることが可能です。免許などはまったく一緒です。勿論、一般歯科でも矯正の勉強はしてますよ。
Q
矯正歯科

矯正はいつから始めたらよいですか?

A
以上に気づいたら、なるべく早くはじめましょう。 永久歯がすべて生えそろう前がより効果的です。
Q
小児歯科

永久歯が黄色いのですが、大丈夫でしょうか。

A
永久歯は、乳歯に比べ密度が高く乳歯より黄色いのが普通です。 歯の表面が欠けていたり、生えた後で黄色く変色してきたなら問題ですが、他の永久歯と比べて同じ色なら心配ありません。
Q
矯正歯科

矯正をしたいのですが、ローンでもできますか?

A
大丈夫ですよ、ご本人様のライフスタイルに合わせて決めていきます。
Q
矯正歯科

矯正はした方がよいでしょうか?

A
噛み合わせが悪いと腰痛、肩こり、頭痛など関連することがありますが、直接生命にかかわることはありません。 ただ、それを気にして笑うことも少なかったり、劣等感を持ってしまうことさえあり、心理的影響があります。 個人の認識によりますが、歯並びがいいとおいしく食べられるようになるなど、メリットが多くなります。
Q
矯正歯科一般歯科お支払いについて予防歯科インプラント審美歯科小児歯科

カードは使えますか?

A
使えません。カード会社に払う手数料が発生してしまうので、患者様も当院も無駄な出費を抑えたほうが両方によいと考えてます。

ページトップへ

ページトップへ

受付時間
午前9:30~13:00
午後15:00~20:00 × ×

神戸市東灘区深江南町2丁目12-8-104
TEL : 078-453-0828

受付時間
午前9:30~13:00
午後15:00~20:00 × ×