女性特有の歯周病とは - PERIODONTAL -

女性特有の歯周病とは

歯周病は、初潮、月経、妊娠、閉経とホルモンバランスの変化が多い女性は、男性と比較して歯周病になりやすいです。女性には、思春期性歯肉炎、妊娠性歯肉炎、妊娠性エプーリスなどがあり、特に妊婦さんは注意が必要です。



妊婦さんはツワリのせいで、歯ブラシをお口に入れるだけで気分が悪くなったり、 お口のケアがおろそかになったり・・・と、歯周病の原因となるプラークを溜めやすくなるのが原因です。

出産すればホルモンは通常状態に戻りますが、その間に歯周病になってしまっては、それは出産しただけでは元に戻りません。赤ちゃんに影響する可能性さえあります。

※歯周病の妊婦さんの子供は、早産児や低体重児を出産する確率が通常の7倍も高くなるという報告もあります。

妊娠中は、特に歯周病に気をつけてお口の清掃をされることをおススメします。
妊娠中の治療時期について
妊娠中の治療は、原則的に歯の治療は妊娠中どの時期でも可能ですが、より慎重に考える場合は、
つわり・流産・早産の危険性を考えて比較的安定している20週~30週の時期が安心です。

歯科で撮影するレントゲンは性腺、子宮から離れているので胎児への影響はほとんどありませんので
ご安心ください。


当院では、治療精度UPのために歯科用CTを設置しています。

ページトップへ

ページトップへ

受付時間
午前9:30~13:00
午後15:00~20:00 × ×

神戸市東灘区深江南町2丁目12-8-104
TEL : 078-453-0828

受付時間
午前9:30~13:00
午後15:00~20:00 × ×