糖尿病の方はご注意を - PERIODONTAL -

糖尿病の方はご注意を

歯周病菌が入って歯周病になると、今度は歯周病によって起こる炎症やTNF―αの放出、そのようなことからインスリンが利きずらい状態になって糖尿病が悪化します。

慢性炎症としての歯周炎の存在により、血糖値は上昇し、糖尿病のコントロールをますます困難にし、同時に、歯周炎も進行していくという悪循環に陥ります。

糖尿病患者で歯周病が悪化した際
・血糖のコントロールが悪くなる
・インスリンを使っている人は、インスリンの投与量が2倍必要になる
といったことがあります。


糖尿病は、歯周病を悪化させる
糖尿病の患者さんは、歯周病の発症や進行のリスクが高いことが分かっています。
歯周病は、糖尿病の第6の合併症といわれています。
これは歯周組織においても、免疫機能の低下、代謝異常、微小血管障害などが起こり、歯周病原菌に感染しやすく組織の破壊が起こりやすくなるためだと考えられています。

当院では、治療精度UPのために歯科用CTを設置しています。

ページトップへ

ページトップへ

受付時間
午前9:30~13:00
午後15:00~20:00 × ×

神戸市東灘区深江南町2丁目12-8-104
TEL : 078-453-0828

受付時間
午前9:30~13:00
午後15:00~20:00 × ×