子供の矯正 - ORTHODONTICS -

歯を抜かずに「顎を広げたり」、「正常な大きさ」にする方法もあります。

「抜かない」、「短期間」、「安価」 これが当院の「歯列育成矯正」の特長です。
 
従来の生えそろったあとに治す「矯正」ではなく、今では小さい時から健康な歯並びができるように顎を育成する「歯列育成」の方法をとることができます。
 
子供さんの歯の大きさと顎の発育のアンバランスが認められたら乳歯の時期からすばやく対応して、顎の発育を応援して少し広げてあげると歯はきれいに並んできます。

抜歯による矯正治療の考え方について

抜歯による矯正治療は、一見理屈にあっているようですがよく考えると少し変です。
歯を抜いたらそれでスペースが一致するのでしょうか?ピッタリ一致するはずはありません。
 
ほとんどのケースにおいて、スペースが余ってしまいます。歯を移動するほかに隙間を埋める治療をしなければいけません。それならば歯が並ぶのに必要なスペースだけ顎を広げてあげるほうが合理的であり、自然の摂理にかなっています。
 
「顎を広げると、顔が大きくならないですか?」というご質問がありますが
問題なのは、歯が並ばないほど萎縮した顎です。それが原因で歯列不正になっているのです。顎が萎縮しているということは、顔も萎縮しているということです。
 
顎を必要以上に大きくするわけではありません。萎縮した顎を、正常な大きさの顎にして、顔を正しい形に整えるのです。

治療法

いままでは固定式(アメリカ方式)で治していますが、私たちの方法は可撒方法(簡単に取り外しができます)という装置です。(現在当院でおつくりしています装置には色がついていません。名前やカワイイシールを埋め込むこともできます。)

ページトップへ

ページトップへ

受付時間
午前9:30~13:00
午後15:00~20:00 × ×

神戸市東灘区深江南町2丁目12-8-104
TEL : 078-453-0828

受付時間
午前9:30~13:00
午後15:00~20:00 × ×